【誰かー】もしもトイレから出られなくなったら

投稿日:

第16回もしもシリーズ

 

「誰かー!助けてくれー!」

 

  • ドアを叩き疲れちゃう。
    (ドンドンドン!おーい!誰かー!・・・・あ~手が痛い・・・・ドアも壊れないし・・・・どうすりゃ良いんだ・・・)
  • トイレには困らない。
    (・・・・・・とりあえずトイレをするか)
  • 水にも困らない。
    (これを飲むには勇気はいるが・・・・生きる為には仕方がない!ゴクゴクゴクゴク・・・・ん~、変な味がする気がする)
  • トイレットペーパーを食べてみる。
    (水だけじゃやっぱりお腹が減るな・・・・・・・・ぐぅ~・・・・・・・・・こ、これを食べてみるか・・・・ムシャムシャ・・・・・な、ないよりはマシかな・・・はは)
  • 便宜に座って色々と考えてみる。
    (もう5日位ここに閉じ込められているかな・・・・窓も携帯もないからよく分からないけど・・・・このままどうなっちゃうんだろう・・・・もしかしてこのまま・・・なんてな・・・はは)
  • 便器の中に入って脱出をちょっとだけ考えてみる。
    (・・・・・・・ははは、そんな事出来る訳ないか)
  • 外からノックをされて「入ってま~す」って言っちゃう。
    (・・・・はっ!なんて事を言ってしまったんだ!おーい!待ってくれー!行かないでくれー!)
  • 便器が可愛く思えてくる。
    (・・・・・お前、白くてツルツルしてて可愛いな)
  • ウォシュレットで歯を磨く。
    (ヴェー!オロロロロロ!!)
  • 大を流し続けて音で気付いてもらおうとする。
    (ジャーーーーー!!・・・・誰も気付かないよなぁ、だってここは自分が1人暮らししている家だもんなぁ・・・・・まてよ、それならこの前ノックをした奴は一体誰なんだ)
  • トイレの神様になろうとする。
    (よし、このまま一生ここで暮らそう。そしたらきっとトイレの神様になれるよ、うん)

 

最後の一言

「そのまま60年トイレで暮らし、
そしてトイレの神様になったそうじゃ」

(;・∀・)メデタシメデタシ

-もしもシリーズ
-,

Copyright© 暇つぶしお笑い広場 くすぷ~ , 2018 AllRights Reserved.