第3回コント「電車」

更新日:

 

とある電車内でのお話し

 

 

ガタンゴトン

ガタンゴトン

 

 

トオル(くそ~、寝坊したから待ち合わせには遅刻だ・・・)

 

 

アナウンス「お客様にお知らせする事がございます。」

 

 

トオル(ん?なんだろう?)

 

 

アナウンス「ブレーキが壊れました。止まれません。」

 

 

トオル「えーーーーーー!!!」

 

 

アナウンス「残念ですが、一緒に天国に旅立ちましょう。お兄さん。」

 

 

トオル「そんなのヤダ!ヤダ!俺はまだ死にたくない!」

 

 

トオル「ん?お兄さん?・・・って見渡す限り客俺しかいないじゃん!!」

 

 

アナウンス「このスピードだと次の急カーブは曲がる事が出来ませんので脱線します。」

 

 

トオル「ヤダ!ヤダーーー!ブレーキ直して!ブレーキ直して!」

 

 

アナウンス「幸いカーブする所は崖なので、脱線して他の方に迷惑がかからなそうで良かったですね。」

 

 

トオル「そうなの?やった!!死ぬのは俺達だけでいいんだ!!っておいッ!」

 

 

アナウンス「あと1分でカーブに突入します。」

 

 

トオル「あ~神様助けて下さい・・助けて下さい・・」

 

 

アナウンス「次の停車駅は天国~もしかしたら地獄~。」

 

 

トオル「あぁ、お母さんお父さん、みんな今までありがとう・・」

 

 

アナウンス「あっ。」

 

 

キキーー!!

 

 

トオル「・・・んっ?やった!カーブが曲がれたぞっ!!」

 

 

アナウンス「申し訳ありません。ブレーキのかけ方間違えていました。」

 

 

トオル「えっ?」

 

 

アナウンス「私今日から一人で運転している初心者なので。(てへぺろ)」

 

 

トオル「・・・・」

 

 

アナウンス「お客さん、スピードを出したお陰で次の駅まで早く着けて良かったですね。」

 

 

トオル「そうか!やったぜっ!!」

 

 

ちゃんちゃん

-コント
-,

Copyright© 暇つぶしお笑い広場 くすぷ~ , 2018 AllRights Reserved.